「アロマテラピースクール セリスト」AEAJ総合資格認定校として充実した内容を提供。2000名を超える卒業生を送り出した実績あるアロマスクールです

cellist

セリスト日記@吉祥寺

やはり、「脳」こそ女性の若さと美しさを作るキーです!!

2017.06.07 | セミナー, ブログ, 高橋校長コラム

昨日は武蔵野法人会という大きな組織の女性部会のセミナーに招いていただき「アロマテラピーが女性を支える」という内容で香り、脳、そして、女性ホルモンのつながりをいろいろな香りを嗅ぎながら、楽しく皆さんと体験しました。

内容も「脳の構造」や「エストロゲンの分泌」等と少し難しい内容も入っていたのですが、さすが大人の女性で意識も興味も深く、充分味わっていただけたかと思っています。

当初、20名位と予想していた所、2倍の40名の方が出席され、ムエットの数も足りなくなり、若干、焦りましたが楽しい時間でした。

皆さん、若々しく美しくなっていただけると確信してセミナーを終えました。つくづく「匂い」の働きは人間の英知を越えた力を持っているな、と思った次第です。

高橋

【39期のみなさんと】

2016.05.24 | ブログ, 高橋校長コラム
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

【39期のみなさんと】

 

先日(5/21)第39期土日クラスの
メンバーが来られて、
食事会・飲み会をセリスト・スクールで行いました。

皆さん、おいしい料理を分担でご持参され、
私も感激でした。

何より、2年近く経っても、全く若々しさ変らず
アロマはすばらしいとつくづく思いました。

高橋克郎

 

【Takahashiコラム vol.13】 夏用アロマバス・プレゼント!

2015.06.11 | 販売・プレゼント, 高橋校長コラム

この2~3年研究したこの時期のアロマバス・プレゼントです。ちょっと自慢の香りと効用です。

卒業生だけではなく、一般の方も来校いただければプレゼントします。

詳細は動画にて!(記事の写真をクリックしてください。)

スナップショット 1 (2015-06-11 10-11)

 

【Takahashiコラム vol.12】 ヨーガの専門家にアロマ入門教室開催!

2015.05.07 | ブログ, 高橋校長コラム

実は4月より… 荻窪にありますヨーガの本格的な専門校である友永ヨーガ学院で解剖生理学と感覚論を、6ヶ月に渡り担当することになりました。ヨーガの指導者になられる方々に対するレベルの高い授業です。

5月2日の土曜日にはセリストスクールに来て頂き、『嗅覚とアロマテラピー』の授業を行いました。皆さんとても感性が豊かで、初めての精油にも深く反応して頂きました。

特に印象的だったのは、ローズ・オットーを嗅いでお母さんの思い出が一瞬にして甦ったとか、専業主婦、母親、妻であることより女であることを取り戻した等の感想を持った方がいたことです。

心の底からの素直な感想を聞いて、私も改めて精油の力に感動しました。

IMG_1305

皆さんも、精油の力を借りて、ゆったりと自分を取り戻してください。

【Takahashiコラム Vol.11 】 こんな本です!

2015.04.30 | ブログ, 高橋校長コラム

ついに届きました。

本の内容には自信があるのですが、
それ以上に長谷川大さんのデザイン力、
その許でのイラストレーターのミヤタチカさんのイラストがすばらしく、
内容より良いかなと、チョット、ひがんでいます。

美しい本ですよ!

20150428151957_00001_web

パーティに参加される方にはサイン入りで差し上げますが、
参加できない方もセリストまで来てくださればサイン入りの本を用意しています。

皆さんありがとうございました。

【Takahashiコラム No.10】 ついに原稿完成!出版です!

2015.04.28 | ブログ, 高橋校長コラム

ため込んで、ため込んだ、アロマへの想いを、精一杯表現しました。
この歳になって、初めての出版です。つくづく私も奥手だな!と思います。

でもちょっと大変でした。もう次回出版の構想が、出来上がっちゃいました。

多くの方々に支えられ、ここまで来たことに感謝しています。
本のタイトルは「匂い『脳』セラピー」です。
是非皆さんにも読んでもらいたく願っています。

20150427110343_00001

ため込んで、ため込んだ、アロマへの想いを、精一杯表現しました。
この歳になって、初めての出版です。つくづく私も奥手だな!と思います。

でもちょっと大変でした。もう次回出版の構想が、出来上がっちゃいました。

多くの方々に支えられ、ここまで来たことに感謝しています。
本のタイトルは「匂い『脳』セラピー」です。
是非皆さんにも読んでもらいたく願っています。

卒業生の幹事さん(Club Cellの会)に「出版記念パーティ」を企画して頂いています。
5/30(土)5/31(日)6/14(日)にセリスト・スクールで行います。

私の講演もあり、おいしいタイ料理のランチもあります。
そして、今回出版した本も差し上げます。

まだご案内状の届いていない方はスクールに連絡下さい。

ぜひお目にかかりたいです。

Takahashiコラム No.9 【白クマくんも眼を閉じた!】

2015.03.11 | ブログ, 高橋校長コラム

先日、北極熊のドキュメンタリーで大発見!

彼はものすごく嗅覚が発達していて、
氷原の何キロメートルも先のアザラシ
(獲物)の匂いを嗅ぎ分けます。

20150311143839_00001

もちろん、ものすごく微量の匂いでしょう。
その時、彼は少し頭を持ち上げ、
鼻をクンクンさせるのですが
何と眼を閉じるのです。 

感動!
私だけではないのだ!
アロマで学ばれた方はお分かりでしょうが、
集中力を増したいのです。

視覚は脳の活動の多くを使うので、
他の集中力が鈍ります。
もう一つ、視覚は評価の心を刺激しますので、
豊かに生きている実感の邪魔もしてしまうのです。

良い匂いを嗅ぐとき、
美味しい料理を味わうとき、
良い音楽をじっくり聞くとき、
良いマッサージを深く味わうときは、

眼を閉じるのが自然なのです。

深い自分にもどるのです!

Not to see is to believe!

Takahashiコラム Vol.7  【モグラの想い出!】

2015.01.22 | ブログ, 高橋校長コラム

精油の中でも、ちょっと特徴的な香りの「ベチバー」は、いかがでしょう。
ススキのような熱帯に生育する植物の根から精油を抽出します。何となく「土臭く」「根っこ」の匂いで、多くの人が「落着くなぁ」と言います。

「グラウンディング(Grounding)」といって、地に足を着け、原点に戻る感覚を持つ人が多いのです(西欧でも)。不安な時最適です。

実はこれは私たちの「モグラの想い出」なのです。私たちも1億年も前は原始食虫目と言って、モグラや原始的ネズミだったのです。地上は恐竜や鳥がいて、いつもエサにされていたのです。

ですから昼間は森の中の落ち葉や土の中にもぐって、じっとしていて夜になると、虫を探して食べていたのです。ですから土の匂いや根の匂いは絶対的な安心感を持たらせてくれるのです。その記憶が今も残っているのです。

モグラ時代、想い出しましたか?

 

20150122163438_00001

 

Takahashi コラム Vol.6 【またまた冬の星座からのメッセージ!】

2015.01.14 | 高橋校長コラム

20150105102747_0000220150105102747_0000120150105102747_00001イラスト2

前回のオリオン座はとても多くの方が見ていただき、少しほめていただいたので、また下手なイラストを書いて、第2弾とします。

 

オリオン座は見つかりましたか?

すばらしかったでしょう! でも、その少し左側を見てください。
イラストにあるように「冬の大三角形」が夜空の中心に美しい三角形で
輝いています。 オリオン座よりさらに大きく奥行きを感じるはずです。
震えから神聖さを感じる程です。

 

さて、本日この見事な星を眺めているのはセル君のお父さんではなく偉大な人です。
世界最初の哲学者といわれている「ターレス」さんです。
約2500年以上前の古代ギリシャの人で「万物は水である。」と云って全ての存在の根源を解かそうとした哲学者です。
ギリシャといっても今のギリシャ半島ではなく、エーゲ海を渡った「ミレトス」という港町で活躍しました。(現在はトルコにある町です。行ってみたい!)
哲学史では有名な話ですが、星との関連で重要なメッセージとなっています。

 ある日ターレスが必死になって星を見つめていて、つい、うっかり足元の溝に落ちてしまったのです。
これを使用人の女性が見てて大笑いをしたらしいのです。(本当の話です!)
もちろんこの女性は「星なんか必死になって見上げて足元のこと(現実)も見えないなんて哲学者なんて何してるのだろう!」と思ったに違いありません。

そこで今日のメッセージです。

 

①毎日毎日の現実の中で、利害や苛立ち、不安に100%心を奪われるのではなく
たまには
大きな世界を見ることは大切です。(前回のメッセージです。)

 ②でも遠くばかり見て現実を無視しなさいと言っているわけではありません。ターレスさんのように溝に足を踏み外すのではなくしっかり現実を受け取り(苦しくても)それでも遠くを見る視点が大切なのです。

 

ターレスではありませんが17世紀のオランダの哲学者:スピノザは「全てを永遠の相のもとで見る」と表現しました。美しい言葉です。現実を片眼で見ながらも別の眼では無限のつながりのあることを常に感じていることが最高の知的な生き方だと示したのです。

難しい哲学をしなくても星空が少し導いてくれます。

Takahashi コラム vol.5 【新年のメッセージはオリオン座から!】

2015.01.05 | 高橋校長コラム

明けまして、おめでとうございます。

皆さまの本年がより深く充実したものになることを願い、

なんと!「オリオン座」からのメッセージです。
20150105102747_00003

 

今が絶好!冬の南の空に輝く、この星座はすぐに見つけられると思います。イラスト(人生初めてのイラスト)にあるようにオリオンの胴体を作る星です。でも、この星座は何しろすごいんです。

①左上の赤い星 “ベテルギウス”
 もうすぐ大爆発して1ヶ月くらい月の様に明るく輝くのです。宇宙で「もうすぐ」といっても明日か数万年後かわかりません。絶対見たい!でも、私が消えてすぐ爆発したら悔しい。「先生、見たがっていたわね!」なんて言わないでほしい。

②右下の青い(白い)星 “リゲル”
 まだ若い星で、青色(とても高温)で輝いています。激しい反応なので意外と短命です。佳人薄命!(分かります?)

“オリオン大星雲”(M42)
 もやっと雲のように見えますが、これは百万年以上前に、大きな星が大爆発した跡なのです。そして多くのガスや塵が飛び散って、雲のように光っているのです。死んだけれど、その塵からまた新しい星が今、生まれているのです。地球だって46億年くらい前にこんな風にできたのです。

ですから、オリオン座には全てが見えます。まだ元気な星、死にそうな星、そして死んで飛び散った星、そこでまた生まれてくる星が一緒に見られるのです。

でも、もっとすごい事が分かります。星が大爆発で飛び散るとき、多くの原子が作られるのです。「精油の化学」憶えていますか?C(炭素)、O(酸素)、N(窒素)等がここで作られるのです。他では作れません。そして、この原子からアミノ酸が作られ、地球に降りそそぎ、つながって蛋白質になり、あなたの身体を作っているのです。つまり、私たちは(地球を含め)、ビッグバン以後百数十億年の間に死んだ星の残骸なのです。驚きでしょう。

星を見上げるオジさんも、それを想い震えているのです。すべては循環しているのです。あのオジさんの子だった「セル」くんも、今はもう、C・H・O・N ・・・ の原子になり宇宙に戻ってしまったのです。

もちろんチョット悲しいけれど、セルくんとの時間を想い、オジさんもいずれは循環していくことを考えると、宇宙の壮大さに圧倒され、自分の原点が少し見えてくるのです。

皆さんにも今年はいろいろなことがあるでしょう。楽しいこと、空しいこと、辛いこと、不安なこと! でも、これは誰でも同じです。ここばかり見ていて、振り廻されていると「不幸」がしのび寄ってくるのです。 少し離れることです。 遠くを見たり、広く見たりするのに“オリオン”は手助けをしてくれるはずです。大きな宇宙から自分を見るのです。

これはロマンチシズムやセンチメンタルな気分で言っているのではありません。哲学や宗教学の視点から言っているのです。

ですから、このイラストは(チョット子供っぽい?でもミヤタチカさんの練習帳で練習したのです。今度詳しく!)宇宙の真実、人間の生きている真実を精一杯描いたものなのです。とにかく星を見て下さい。

さて、香りです。“オリオン”の香り、私のブレンドはジュニパー(3)、ペパーミント(1)です。私の手ではどうしようもない宇宙の大きな働き、そしてそれが私の身体と心を作っています。この厳しさと優しさの香りです。